Q&A of 兵庫県立山の学校


Q&A

●全寮制とはどういうことですか。

金曜日の夕方には家に帰り、月曜日の午前中に寮にもどる形態を基本としています。
ただし、週末に学校行事やイベントがある場合は、土曜日に帰省し、火曜日に帰寮する場合等もあります。

●寮の宿泊部屋は、どうなっていますか。

冷暖房完備の4人部屋です。
木製の2段ベッドと個人用の机・棚・ロッカーがあります。

●寮の宿泊部屋以外について教えて下さい。

洗濯室には、洗濯乾燥機が5台あり、各自で衣類を洗濯できます。
風呂は同時に6~7人が入浴できます。
談話室は冷暖房完備で、約15畳の広さです。テレビ・DVDとソファーが備えてあり、授業終了後の自由時間に使うことができます。
舎監室には水道・流し・電子レンジ・冷蔵庫も備え付けています。
また図書室もあります。

●寮には舎監の先生はいますか。

舎監が午後5時から翌日の午前9時まで寮に泊まります。
舎監以外に職員1名が定期的に泊まります。

●食事について教えて下さい。

食堂があり、月曜日の昼食から金曜日の昼食まで、朝、昼、夕食を専任の調理員さんが調理してくれます。

●応募資格について教えて下さい。

義務教育修了した県内在住の男子で、入学年度の4月1日現在15歳から20歳までの者。
現在、高等学校等に在籍している人は、在籍校を休学すれば、応募することができます。

●修学期間はどれくらいですか。

1年間です。4月に入学し、翌年の3月に修了します。

●夏休みや冬休みはありますか。

夏休みが8月上旬から8月下旬まで、冬休みが12月下旬から1月上旬までで、合わせて6週間程度です。

●授業料・経費などはどれくらいかかりますか。

授業料は無料です。ただし、毎月、食費(3万円)と教材費、各種検定費、研修旅行積立金(1万円)などが必要です
また、入学時には実習服代金等で、9万円を振り込んでいただきます。

●奨学金制度はありますか。

学校教育法に定める学校ではないので、奨学金制度はありません。ただし、お住まいの市町で就学援助制度として認められる場合があります。詳しくは、各市町の窓口でおたずねください。

●通学(帰寮・帰省)に単車・自動車は使用でできますか。

原則として禁止しています。安全の為、公共交通機関で通学してもらいます。

●山の学校の修了生の進路について教えて下さい。

本人の希望や適性に配慮し、自己実現に向けた適切な進路指導を行います。
読み書き、計算の基礎学習の他、進学希望者に対しては選択学習を、就職希望者に対してはハローワークなどと連携した進路指導を行っています。
また森林林業関係への就職を希望し、適性があると思われる場合には、関係方面に就職できるよう推薦します。

●取得できる資格はどんなものですか。

刈払機取扱作業者安全衛生教育修了証 d
チェーンソー作業従事者特別教育修了証
小型車両系建設機械(3t未満)特別教育修了証
小型フォークリフト(1t未満)特別教育修了証
を取得できます。

●施設見学はできますか。

月曜日から金曜日までの午前9時から午後5時まで随時見学を受け付けています。まずは電話でお問い合わせ下さい。

●1日の授業について教えて下さい。

午前9時からHRで、午前中の授業は10時から12時まで、午後は13時から16時までです。
森林林業に関する学習や、一般教養の学習、また書道などは、寮内にある冷暖房完備の研修室で、主に午前中2時間連続で実施されます。
国語、数学、英語、社会、理科の授業はありませんが、読み書き、計算力への学習支援と希望者への選択学習は適宜行っています。
実習を伴う授業は、主に午後3時間連続で実施します。
本校以外の場所で実施する森林林業に関する実習やスポーツ(体育)の一部などは、学校のマイクロバスで実習地に出向いて実施します。

●授業が終わった後の生活はどうなっていますか。

1日の授業は午後4時に終了します。課外活動のない日は午後6時まで各自の自転車で外出したり、体育館を自由に使用できます。
午後6時から夕食。その後入浴し、午後11時の消灯・就寝までの間は各自の部屋や談話室で過ごします。なお、午後9時にはミーティングを行います。