青少年育成運動
青少年のネットトラブル防止大作戦(過去の事業)

  1. ホーム
  2. 各事業のご案内
  3. 青少年育成運動
  4. 青少年のネットトラブル防止大作戦(過去の事業)

青少年のネットトラブル防止大作戦(過去の事業)

青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境づくりを進めるため、関係機関とのより一層の連携強化や保護者等への啓発に取り組む「青少年のネットトラブル防止大作戦」の過去の事業結果です。

 

〇「人とつながるオフラインキャンプ2017」の報告書を作成しました!

県立いえしま自然体験センターにおいて、ネットをやめられない県内青少年を対象に、ネットから離れて自然体験等を行うキャンプを実施しました。多くの参加者がキャンプをきっかけに、自身のネット使用状況について、前向きに改善に取り組むことができるようになったようです。ネット依存の実態や危険性は明らかになっていない部分も多いことから、引き続き産官学民が連携して、本事業に取り組みます。

日程
(1) プレキャンプ 平成29年7月8日(土)
(2) オフラインキャンプ 平成29年8月16日(水)~20日(日)(4泊5日)
(3) フォローアップキャンプ 平成29年11月11日(土)

「人とつながるオフラインキャンプ2017」報告書(1~10ページ)

「人とつながるオフラインキャンプ2017」報告書(11~20ページ

 

〇「スマホサミットinひょうご2017」を開催しました!(平成29年12月16日)

「青少年のネットトラブル防止大作戦」の集大成として、「スマホサミットinひょうご2017」を開催しました。子どもたちの生の声から、ネット利用の低年齢化が進んでいることを改めて確認できました。小学生の無防備な利用実態が広がりつつあることに、大きな危機感を感じています。来場者は約340名と、休日にも関わらず大変多くの方にご参加いただきました。

「スマホサミットinひょうご2017」では、子どもたちが考えた「ひょうごスマホ宣言2018」を発表しました。

【ひょうごスマホ宣言2018】

・もうちょっと そのあとすぐに やめられる?

・消えないよ あなたが出した その写真

・子を守る 魔法のシステム 親心

・隠された 危険な感情 よみとれる?

(上からそれぞれ、ネットの利用時間、危険、フィルタリング、人間関係についての宣言です)

兵庫県・兵庫県青少年本部では、このスマホ宣言などを活用しながら、ネットトラブルから青少年を守る取組を今後も進めてまいります。

「ひょうごケータイ・スマホワークショップ」「スマホサミットinひょうご2017」の開催報告はこちら

開催報告書(1~8ページ)

開催報告書(9~16ページ)

 

〇「青少年のインターネット利用対策先進活動事例集」を作成しました!

青少年のインターネット対策に先進的に取り組んでいる活動事例を県内から広く募集した結果、73団体から応募がありました。応募事例の中から、特に優秀と認められた西宮市立上甲子園中学校、多可町立八千代中学校、姫路市立東光中学校、洲本市立広石小学校の4団体に「スマホサミットinひょうご2017」で発表していただきました。

応募いただいた事例については先進活動事例集としてまとめ、今後の啓発に役立ててまいります。

青少年のインターネット利用先進活動事例集①

青少年のインターネット利用先進活動事例集②

青少年のインターネット利用先進活動事例集③

青少年のインターネット利用先進活動事例集④

青少年のインターネット利用先進活動事例集⑤

青少年のインターネット利用先進活動事例集⑥

青少年のインターネット利用先進活動事例集⑦

 

〇平成29年度「青少年のネットトラブル防止!メッセージコンテスト」受賞作品決定!!
「青少年のネットトラブル防止」をテーマに標語を募集したところ、4,408点(小学生の部1,274点、中・高校生の部 3,009点、一般の部125点)の応募をいただき、選考の結果9名・8団体を受賞者(団体)として決定しました。

受賞作品・受賞者一覧はこちら

 

〇「青少年のネットトラブル防止大作戦」推進会議の設置

 

〇「人とつながるオフラインキャンプ」の報告書を作成しました!

県立いえしま自然体験センターにおいて、ネットをやめられない県内青少年を対象に、ネットから離れて自然体験等を行うキャンプを実施しました。多くの参加者がキャンプをきっかけに、自身のネット使用状況について、前向きに改善に取り組むことができるようになったようです。ネット依存の実態や危険性は明らかになっていない部分も多いことから、引き続き産官学民が連携して、本事業に取り組みます。

日程
(1) プレキャンプ 平成28年7月9日(土)
(2) オフラインキャンプ 平成28年8月16日(火)~20日(土)(4泊5日)
(3) フォローアップキャンプ 平成28年11月5日(土)~6日(日)(1泊2日)

「人とつながるオフラインキャンプ」報告書(1~7ページ)

「人とつながるオフラインキャンプ」報告書(8~15ページ)

 

〇「スマホサミットinひょうご2016」を開催しました!(平成28年12月17日)

「青少年のネットトラブル防止大作戦」の集大成として、「スマホサミットinひょうご2016」を開催しました。子どもたちの生の声から、ネット利用の低年齢化が進んでいることを改めて確認できました。小学生の無防備な利用実態が広がりつつあることに、大きな危機感を感じています。来場者は350名と、休日にも関わらず大変多くの方にご参加いただきました。

「スマホサミットinひょうご2016」では、子どもたちが考えた「ひょうごスマホ宣言2017」を発表しました。

【ひょうごスマホ宣言2017】

・奪われる 時間とともに 思い出が

・下を見ず スマホを閉じて 明日を見よう

・大人の愛 あなたの未来を プロテクト

・画面では 見えない気持ち あるんだよ

(上からそれぞれ、ネットの利用時間、危険、フィルタリング、人間関係についての宣言です)

兵庫県・兵庫県青少年本部では、このスマホ宣言などを活用しながら、ネットトラブルから青少年を守る取組を今後も進めてまいります。

「スマホサミットinひょうご2016」開催報告はこちら

 

〇「青少年のインターネット利用対策先進活動事例集」を作成しました!

青少年のインターネット対策に先進的に取り組んでいる活動事例を県内から広く募集した結果、9団体から応募がありました。応募事例の中から、特に優秀と認められた神戸市立真陽小学校、西宮市立上甲子園中学校、兵庫県立千種高等学校、猪名川町青少年健全育成推進会議SWING-BY実行委員会の4団体に「スマホサミットinひょうご2016」で発表していただきました。

応募いただいた事例については先進活動事例集としてまとめ、今後の啓発に役立ててまいります。

先進活動事例集はこちら

 

〇平成28年度「青少年のネットトラブル防止!メッセージコンテスト」
受賞作品決定!!
「青少年のネットトラブル防止」をテーマに標語を募集したところ、3,169点(小学生の部1812点、中・高校生の部 1,249点、一般の部108点)の応募をいただき、選考の結果9名・6団体を受賞者(団体)として決定しました。

受賞作品・受賞者一覧はこちら

 

「スマホサミットinひょうご2015」を開催しました!(平成27年12月19日)

産官学が一体となった「青少年のネットトラブル防止大作戦」推進会議を昨年度から立ち上げ、青少年のネットトブルについて考え、その集大成として、「スマホサミットinひょうご2015」を兵庫県公館で開催しました。来場者は350名と、休日にも関わらず大変多くの方にご参加いただきました。

開催報告はこちら

 

〇「青少年のインターネット利用対策活動事例集」を作成しました!(平成27年度)

県内団体でインターネット対策に先進的に取り組んでいる活動事例を広く募集した結果、9団体から応募があり、中でも精力 的に活動していた4団体に「スマホサミットinひょうご2015」で発表していただきました。どの団体も素晴らしい活動でしたので、 活動事例集としてまとめ、啓発していきます。
活動事例集はこちら

 

〇平成27年度「青少年のネットトラブル未然防止!!メッセージコンテスト」
受賞作品決定!!
「青少年のネットトラブル未然防止」をテーマに標語を募集したところ、4,313点(小学生の部2,515点、中・高校生の部 1,732点、一般の部66点)の応募をいただき、選考の結果9名・9団体を受賞者(団体)として決定しました。

受賞作品・受賞者一覧はこちら

 

「青少年のインターネット利用環境づくりフォーラム in 兵庫」の開催協力
(平成26年11月28日:終了しました)

お問合せはこちらから

兵庫県青少年本部へのご質問・お問合せは、こちらからお願いします。

お電話でのお問合せ
電話 078-891-7410
メールでのお問合せ
  • 賛助会員募集